気分良くお酒を楽しむ

料理にお酒を使う意味は

お酒といわれて思い浮かぶものは、日本酒やビールやワインからウィスキーやブランデーなど様々な種類があります。
お酒を大きなカテゴリに分類すると日本酒やビールやワインなどの醸造酒、焼酎やウィスキーやブランデーなどの蒸留酒、カンパリやカシスなどの混成酒に大別することができます。
このように三つに大別することができますが、料理に一番多く使われるのは日本酒やワインなどの醸造酒になります。
醸造酒にはうまみ成分がありますが、蒸留酒は醸造酒を蒸留することによりアルコール度を強めておりクセもありうまみ成分を含んでおらず、混成酒もみりんを除いてほとんどのものがハーブや香料によりクセが強く料理には向きません。
そのためお酒を料理に使う場合は醸造酒を利用することで、うまみ成分を利用することができます。
またうまみを出すことだけでなく、コクを出したり風味をつけることができます。
そして魚などの臭みを取ったり、魚や肉や根菜などを柔らかくすることができます。

料理に欠かせない調味料 お酒

料理には欠かせない調味料の1つがお酒です。
その効果ですが、食材の臭みを消す、食材を柔らかくし旨みを加える、風味が豊かになるなどが挙げられます。
「さしすせそ」という言葉、「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」は酢、「せ」は醤油、「そ」は味噌のことです。
そしてお酒をいれるのはタイミングがあり、砂糖の前に入れるようにします。
一番最初にいれることで、アルコールが食材の臭みを消し、味のしみ込みをよくするわけです。
お酒というと種類が豊富ですが、よく家庭で使用する料理酒は、塩や酢を入れて酒税法が適用されないようにしたものなので、飲める日本酒やワインとは味が異なり、料理専用ということになります。
ただし、使用する際には、塩や酢が入っていることを念頭におき、調味料の分量をかえる必要があります。
中には塩分が含まれていないものも売っていますので、塩分が気になる場合はそちらを使用するとよいでしょう。
ひとくちにお酒といっても、様々な種類と用途があるのです。

注目サイト

貸倉庫 埼玉
http://saitama-fact.com/

Last update:2016/5/26

Copyright 2015 ほろ酔いのお酒 All Rights Reserved.