気分良くお酒を楽しむ

夏の嵐山で楽しめるお酒イベント

京都の観光スポットの中でも上位に入るのが、渡月橋のある嵐山です。
その嵐山では、毎年夏に「RANDEN EKIーBEER」というお酒イベントが開催されています。
開催場所は京福嵐山電鉄の嵐山駅構内です。
こちらのイベントでは、樽詰(生)、スタウト(黒生)などの生ビールや、泡が凍ったフローズン(生)、フローズンビアカクテル、ビールをソフトドリンクで割るツートンビールなどが楽しめます。
他のお酒も充実していて、チューハイ、焼酎、日本酒などが用意されています。
フードメニューは揚げ物や鉄板焼きなどが揃っています。
また駅付近には、京都土産の定番といえる漬け物や八つ橋などを売っているお店もあるので、それらをおつまみにするのも面白いでしょう。
駅自体は大きくありませんが、嵐山駅のホームには嵐山温泉の源泉をひいた足湯があります。
散策で疲れた足を足湯で癒したら、1両または2両編成のレトロで可愛い電車を眺めながら、お酒で喉を癒してはいかがでしょうか。

高知の独特なお酒イベント

お酒関連のイベントでとくに楽しいのは、開放的に空の下で呑める野外での催しではないでしょうか。
オクトーバーフェストなどのビールのお祭り、数箇所が同日に行う大規模な蔵開きなど、各地でさまざまなお酒関連の催しがあります。
そのなかでも独特な形態のイベントが、高知県で毎年行われている「土佐のおきゃく」です。
この期間中は街のあちこちでライブや著名人を招いての宴会など楽しい催しが目白押しなのですが、そのなかでもメインになっているのが「日本一の大おきゃく」。
おきゃくとは宴会のことで、高知市の中心商店街のアーケードや公園がすべて宴会場になってしまいます。
テーブルや椅子が並び、お座敷が設えられ、地元の人も観光客も入り混じって、飲食やお座敷遊びに興じるのです。
そのうち隣り合った地元グループと話が弾んで、良いお店や観光の穴場を教えて貰ったりということも良くあります。
そうした面白さもあって県外からのリピーターも多く、ただのお酒を呑むイベントということにとどまらず、観光資源となっています。

おすすめWEBサイト

2016/4/6 更新

Copyright 2015 ほろ酔いのお酒 All Rights Reserved.