気分良くお酒を楽しむ

ダイエット中のお酒の飲み方

ダイエット中にはお酒は厳禁だと思っている人も多いようですが、実際にはおつまみが太る要因になっていますので、おつまみの種類や量に気をつければ適量を飲むことは問題ありません。
ただし、寝る前は消費されるカロリーが少ないので、カロリーの高いお酒を飲むとそれだけでカロリーオーバーしてしまいますので注意しなければなりません。
お酒が太る要因になる理由は他にもあり、食欲が増してしまっていつもよりもたくさん食べてしまうことが原因として考えられます。
食欲増進により普段よりも多く食べてしまったら、お酒のカロリープラス食べ過ぎた食事のカロリーになりますので、それを計算すると明らかな摂取し過ぎになります。
つまり、食事をほんの少しセーブしておつまみの量や種類に気をつければ、ある程度は太るのを防ぐことができます。
あとは食べ順ダイエットと同じで最初に海藻類や野菜サラダなどを食べることで血糖値の上昇を抑えることができます。

ダイエット中に選びたいお酒とは

ダイエットをしている時でも、お酒を飲みたいと思うことがあります。
一般的にお酒は太ると言われていますが、それは糖質やタンパク質を含んでいるので体に蓄積されやすいためです。
カクテルやチューハイなどは非常に口当たりが良いのですが、たくさんの糖質を含んでいますので、できれば避けたいところです。
選ぶならタンパク質や糖質を含まない蒸留酒であり、ウイスキーや焼酎がこれにあたります。
蒸留酒を飲んでいるだけでは太るリスクは低いのですが、一緒に摂取するおつまみが原因で太ってしまうこともあります。
おつまみはできるだけ脂ものを控え、サラダや枝豆といった血糖値に上がりにくいものを選ぶことが大切です。
これらのことを守って飲めば、お酒も悪いものではありません。
適量をたしなむことでストレスの発散になりますし、付き合いで飲むのもためらいがなくなります。
肝臓に負担をかけないようにするには、毎日少量飲むよりも、週に数日休肝日を作る方が効果的です。

Valuable information

最終更新日:2016/4/6

Copyright 2015 ほろ酔いのお酒 All Rights Reserved.